with diligence



relentless-soulからリブログ

(元記事: relentless-soul (moja-mojaから))

tkrからリブログ
plasmatics-lifeからリブログ
plasmatics-life:

Budapest - by Lamos Krisztián | (Website)
fazz0611からリブログ
onlylolgifsからリブログ
thevictorianfirefly:

my heart. 
atraverssoからリブログ
touchdiskyからリブログ

deli-hell-meからリブログ

雲母(きらら)

5世帯。吉良、雲英と語源をともにする。近年、静岡県に多く、特に小笠郡菊川町吉沢に集中してみられる。北海道にもみられる。雲母(うんも:鉱石)の産地。きらきらと光ることから名前がついた。


回り道(まわりみち)

3世帯。和歌山県日高郡日高川町千津川廻り道がルーツ。現在は和歌山県や兵庫県、神奈川県にみられる。 「まはりみち」と言う読み方は、歴史的仮名遣いの読み方。


凸守(でこもり)

1世帯。詳細不明。


榮倉(えいくら)

1世帯。埼玉県や大阪府、東京都、鹿児島県少数存在する。蔵が栄える、という意味が由来。


蓼丸(たでまる)

1世帯。広島県に少数みられる。「たで」は原野などにたつ建物が語源であり、城壁や堀に関する物が由来。伊達氏と関連する。中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)山蔭流がある。


小浮気(おぶき)

4世帯。現千葉県北部である下総国相馬郡小浮気邑発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、京都府、滋賀県にみられる。語源は小さな湿地帯。4世帯。


東京(とうきょう)

現在大阪に1世帯。東京の地名から姓となる。大阪府岸和田市や鹿児島県にわずかにみられる。語源は日本の首都である東京から。


辺銀(ぺんぎん)

現在沖縄に1世帯。渡来人による帰化名字。 沖縄県に集中する名である。


蟋蟀(こおろぎ)

1世帯。詳細不明。


猫屋敷(ねこやしき)

5世帯。現岩手県南東部と北西部を除く地域である陸中発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、岩手県、旧蝦夷地である北海道などにみられる。


鰻(うなぎ)

2世帯。現鹿児島県である薩摩の名族、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)隆家流菊池氏族。近年、鹿児島県指宿地域などに少数みられる。西郷氏と同じ菊池一族。


勘解由小路(かでのこうじ)

1世帯。京都の小路の名称であり勘解由使庁の所在地からきている。ここに屋敷を構え地名を称号したとされ、現在は山口県に少数みられる。京都府京都市に地名が残っている。


七五三田(しめた)

2世帯。現千葉県南部である安房発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、千葉県鴨川市にみられる。語源は注連縄(シメナワ)に関連する。


御薬袋(みない)

5世帯。現山梨県である甲斐国巨摩郡薬袋村が起源(ルーツ)である。近年、兵庫県、東京都などにみられる。薬袋(みない)と同祖の名字である。武田信玄が薬袋を落として届けた際「中身を見たか」と問うたところ、見ていないといったことからとか、薬袋を持っているのを見たことがない(くらい元気)といった具合の話が由来の出所として多数残されている。


秀吉(ひでよし)

5世帯。現広島県東部である備後発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、広島県神石郡神石高原町などにみられる。「吉」は佳字で、芦や葦の場合もある。


獅子王(ししおう)

2世帯。伝統的な名字である。近年、滋賀県大津市にみられる。

降魔(ごうま)

3世帯。詳細不明。

邪答院(けいとういん)

1世帯。詳細不明。

野ざらし(のざらし)

1世帯。詳細不明。

奉日本(たかもと)

1世帯。伝統的な名字である。近年、大阪府茨木市にみられる。

日本に現在5世帯以下しかいない絶滅寸前の「珍しい名字」20選 | エンタメウス (via deli-hell-me)

(sytohから)

arielmhからリブログ

arielmh:

The Ohio State University Marching Band is living up to their title of The Best Damn Band in the Land with this video game tribute. Watch the video here- x

(hsmtから)

zerostatereflexからリブログ

zerostatereflex:

Squishy Robots

"A new phase-changing material built from wax and foam developed by researchers at MIT is capable of switching between hard and soft states."

MIT researchers are trying to change the paradigm of your typical robot by mimicking organic substances. The idea is that the robot should be soft to conform to a particular environment, and interact with humans, though rigid enough to actually do a procedure. They can achieve this by applying heat at particular points to deform the object, then applying coolness to make the object rigid again. 

"Robots built from this material would be able to operate more like biological systems with applications ranging from difficult search and rescue operations, squeezing through rubble looking for survivors, to deformable surgical robots that could move through the body to reach a particular point without damaging any of the organs or vessels along the way."

The last gif is a example of bendable articulation. :D 

(moja-mojaから)

unamusedslothからリブログ
unamusedsloth:

You got a problem?

unamusedsloth:

You got a problem?

(元記事: unamusedsloth (moja-mojaから))

misterjakesからリブログ
cellulitisplayerhater:

cats are liquid

cellulitisplayerhater:

cats are liquid

(元記事: misterjakes (highlandvalleyから))

kerolonからリブログ
kerolon:

一粒3グラム。創業56年の老舗、神戸・丸菱石鹸が昔のままの製法で製作している「旅する石鹸」は、キャラメルのようなひと粒がちょうど一回分の石鹸になっています。 (キャラメル1粒のような「旅する石鹸」 | DDN JAPANから)

kerolon:

一粒3グラム。創業56年の老舗、神戸・丸菱石鹸が昔のままの製法で製作している「旅する石鹸」は、キャラメルのようなひと粒がちょうど一回分の石鹸になっています。
(キャラメル1粒のような「旅する石鹸」 | DDN JAPANから)

(reretletから)

bochinohitoからリブログ
で、こういうミステリーというのは、あっと驚くところに鍵があるものなんですね。なかなか驚きました。

【長谷】と書いてなんと読む?

【日下】と書いてなんと読む?

【春日】と書いてなんと読む?

【飛鳥】と書いてなんと読む?

【長谷】は「ハセ」と読み、【日下】は「クサカ」と読む。どう考えても、そう表記して、そう発音するのって特殊だよねって思った経験があると思うんですが、それらは西宮一臣なる学者さんが『地名学研究』に寄せた非常に興味深い話があるのだという。

ざっくりとやってまうと、それらの読みは地名に由来しているが、枕詞的な修辞法が関係しているのだという。

「長谷の泊瀬」(ながたにのはつせ)

「春日の滓鹿」(はるひのかすが)

という枕詞的な修辞法があり、いつの間にか【長谷】と表記して「はつせ」と読み、【春日】と表記して「かすが」と読むようになっていった、と。

これに当て嵌めていくと、

「飛鳥の明日香」(とぶとりのあすか)

だから【飛鳥】と表記して、全く異なる語感の「あすか」となる。

おお! これは非常に説得力があるよなぁ。

では、残された【日下】ですが、これに同様の修辞法によって、

「日下の草香」(ひのもとのくさか)

があり、後に【日下】と表記して、「クサカ」と読むようになったのではないかとなる。

オドロキもありましたが、この枕詞的修辞法という、なんちゅう雅な思考展開なんだって。しかし、これ、説得力がありそう。
【ひのもと】について - どーか誰にも見つかりませんようにブログ (via bochinohito)

(hsmtから)

lepipehdからリブログ

(元記事: lepipehd (highlandvalleyから))